カテゴリ:993RS( 23 )

RMサザビーズ・ピナクル・ポートフォリオ・オークションに993RS出品

2015年8月13日に開催されたRMサザビーズ・ピナクル・ポートフォリオ・オークションに1台の993RSが出品されました。

主な仕様はガーズレッドのストリートバージョン、前後クラブスポーツスポイラー(日本仕様と同様)、シートはバケットでは無く可倒式のスポーツシート、ロールゲージ(たぶん後付)、マイルメーター、92Lタンク、ボンピンといったところ。
メーター走行距離は42,000マイル

大きな特徴は2003年にカリフォルニア州法規に準拠させた形で輸入されており、現在では全米で登録可能な状態にあること


詳しくは以下のリンクで見ることができますが、$550,000(開催時円換算6848万円)で落札されたそうです。

http://www.rmsothebys.com/mo15/monterey/lots/1996-porsche-911-carrera-rs-38/1076503


画像を見る限りではエンジン回り、内外装など、それなりにヤレた感じでバリもんとは言えないレベルに見えます。
聞いた話ではアメリカでは964RS/993RSは新車時は安全基準に適合せず新車販売はされませんでしたが、20年経過すると登録が可能になるという事でしたが、この個体は2003年の段階で米国内、特に規制の厳しいカリフォルニア州で登録が可能な状態であるところに価値があるという事でしょうか。

いずれにしても日本国内とは全く違う様子であることは間違いないですね。

b0075486_22375797.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-08-29 22:47 | 993RS | Trackback | Comments(2)

993RSはいったい何が違うのか? その4

4、駆動系、ボディシェル、電装品

a, リミテッド・スリップ・ディファレンシャル
911カレラRSには、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルとオートマチック・ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)が標準装備されています。リミテッド・スリップ・ディファレンシャルは、負荷がかけられた時と減速時でロック値が異なります。
・負荷がかけられた時のロック値=40%
・減速時のロック値=65%

b, PVCアンダーシール
重量軽減のため、ボディのアンダーシールを削減しています。車体の長期保証が3年に短縮されています。

c, サイドメンバー用のレインフォースメントを設置しています。

d, トランクリッド用のダンパー・スプリングを撤去しています。アルミ製のリッドとサポートを設置しています。

e, ウインドウオッシャタンクを1.2Lに縮小のうえ移設しています。

f, ドアミラーの電動調節機能を削除しています。

g, フロント・ガラス以外のガラスを薄いものに変えています。

h, 電圧が低下した時のアイドルアップ機能(1,200rpmに向上)が付加されています。

i, センタートンネル以外の室内、エンジンルーム、ラゲッジスペースの照明が撤去されています。

j, ヘッドライト・ウオッシャー・システム、セントラル・ロッキング・システム、ヘッドライト・ビーム・アジャストメントが撤去されています。




わがRS号は、雨続きで乗る機会が少ないこの時期を捉えて整備入庫中です。
今回は懸案のオイル漏れに手をつけることにしましたので結構な重整備になる感じ、しばらくは休養期間になりそうです。



ラゲッジ内の配置が結構変わっていますね。
b0075486_23523440.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-07-09 23:58 | 993RS | Trackback | Comments(2)

993RSはいったい何が違うのか? その3

3、エンジン関連

エンジン形式M64/05に対して、下記の点が主に改良されています。

a, 排気量が3744ccに増加しています。

b, クランクケースのシリンダ・ボアが107mmから109mmに大きくなっています。

c, シリンダ・ヘッド・ポートが広くなっています。
シリンダ・ヘッド自体は993カレラと同一のものを使用しています。
インテークおよびエキゾースト通路が約3mm広くなっています。

d, ピストンにGrafalコーティングが施されています。

e, ファンとオルタネータが同じドライブ・ベルトを使用しています。そのためエレクトリック・ファンベルト・モニタリング・システムも装備されない。ベルトはオルタネータ・ウォーニング・ライトで点検できる。

f, カムシャフトのリフトがインテークリフトが12.0mm→12.5mmに、エキゾースト・リフトは11.0mm→11.1mmに変更されています。

g, DMEコントロール・ユニット
点火時期と燃料噴射を制御するためのDME 2.10.1ユニットが採用されており、これは993RS専用設定である。

h, エンジン・マウント
ハイドロリック・マウントの代りに、ラバー・エンジン・マウントが使用されている。
エンジン・マウントと補強されたエンジンキャリヤは964カレラRSで使用されている部品と同一である。

i, バリオラム・インダクション・システム
長さが変化するバリアブル・レングス・インテーク・パイプを採用している。
エンジンの低中速域でインテーク・パイプは993カレラ(前期)の約2倍となり、エンジン・スピードが5160rpmでスロットル開度が50度以上のとき、インテーク・パイプの長さは1/2になります。




13年前にやって来た当時のエンジン・・・・改めて見るとずいぶんキレイでした。
b0075486_001749.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-06-17 00:16 | 993RS | Trackback | Comments(1)

993RSはいったい何が違うのか? その2

2、ブレーキ概要

カレラRSにはハイドロリック・ブレーキ・ブースター付きでフロント/リア・アクスル別回路のデュアル・サーキット・ブレーキが採用されている。
ABD/ABSとダイナミック・リミテッド・スリップ・ディファレンシャル・システムは標準装備されている。

a, フロント・ホイール・ブレーキ
ブレーキ・ディスク以外は、911(993)ターボのブレーキ(多孔式ブレーキ・ディスク、赤色の4ピストン軽合金キャリパ、両側に摩耗警告コンタクトの付いたブレーキ・パッド)が使用されている。
911ターボと異なり、ワン・ピース・ブレーキ・ディスクが取付けられている。

b, リア・ホイール・ブレーキ
ブレーキ・キャリパ以外は、911(993)ターボのブレーキが使用されている。(多孔式ブレーキ・ディスク、赤色の4ピストン軽合金キャリパ、両側に摩耗警告コンタクトの付いたブレーキ・パッド)
4ピストン軽合金ブレーキ・キャリパには直径2×36mmと直径2×30mm(911ターボは4×28mm)のピストンが取付けられている。

c, プロポーショニング・バルブ
リヤ・アクスルのブレーキ圧力を減少させ、ホイールの負荷配分に応じてブレーキ圧力を調節するために、プロポーショニング・バルブ2個が取付けられている。

d, ブレーキ・ブースター、ハイドロリック・ポンプ
911カレラ4、911ターボと同様に、エレクトロ・ハイドロリック・ブレーキ・ブースター・システムが使用されている。
但し、993RSのブースト率は3.6:1で、カレラ4とターボのブースト率4.8:1とは設定が違っている為、注意が必要である。


項番3に続く・・・・・?

b0075486_0552611.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-06-02 00:56 | 993RS | Trackback | Comments(1)

993RSはいったい何が違うのか?

ポルシェのRS/GT3系などについて、雑誌などの記事には報道用の資料に書かれている特徴は書かれていても、何がどう違うのかを具体的に書いているものは意外に少ないような気がします。


993RSとカレラの相違点について、リペアマニュアルやサービスインフォメーション、スペックブックなどを基に纏めてみようかと思います。

途中でトっ散らかってしまうかもしれませんが、勝手気ままなブログ内ということで許されるかなと思って進むことにします。


1、シャーシ関連(M002/M003)

911カレラRS(993)のランニング・ギヤは911カレラをベースにしている。下記についてのみ変更されている。

①フロント・アクスル/ステアリング

a, ホイールキャリヤの改良  
コントロール・アームとタイ・ロッドのマウント位置が約30mm低い。

b, タイ・ロッドの湾曲が少ない
タイ・ロッド・ボール・ジョイントはホイール・キャリヤに取付けられている(ナットは、カレラではステアリング・アームの底部に、カレラRSではステアリング・アームの頂部に取付けられている。

c, パワー・ステアリング・ギヤ比の改良
カレラ(993)=16.48:1(左ハンドル車)
カレラRS=18.25:1(左ハンドル車)
コネクティング・ブレースはステアリング・マウンティング・ポイント間に取付けられている。

d, ステアリング・ホイール
エア・バッグ非装備の場合3スポーク・ステアリング・ホイール、モモ製直径360mm(日本仕様は除く)
直径380mmのエア・バッグ・ステアリング・ホイールはオプションで取付けることができる(日本仕様は標準装備)

e, コントロール・アーム
RS専用の硬質ラバー・マテリアル・マウントを使用

f, フロント・スタビライザー
直径は23mm。それぞれの調整用に取付け穴が5個ある。車両はスタビライザーがセンター位置に固定された状態で出荷される。この標準設定はレース走行を行う時以外の通常の走行では変更してはならない。

g, スプリング・ストラット
プログレッシブ・コイル・スプリングのスプリング比が改良され高くなった。911カレラと同様に、ロア・スプリング・マウントが調整できる。RSには追加のロック・ナットが取付けられている。ツイン・チューブ・ショック・アブソーバーのダンピング・フォースは従来の964カレラRSより小さくなり、より快適になっている。

h, スプリング・ストラット・マウント
キャンバーを通常値からレース用設定に変更するためにユニバーサル・ジョイントが取付けられている。
調整のために、マウントの上部にスロット2個と下部にボルト3本がある。


②リア・アクスル

a, キャンバー・アーム付近のリア・アクスル・スライド部のスロットがカレラ比で長くなっている。

b, ロアAアームとキャスターアーム用のラバー・メタル・マウントもカレラと比較して硬めにしている。

c, 直径20mmのスタビライザーにはアジャストメント・ポイントが3個ある。車両はスタビライザーがセンター位置に固定された状態で出荷される。この標準設定はレース走行を行う時以外の通常の走行では変更してはならない。

d, スプリング・ストラット・マウント
キャンバーを通常値からレース用設定に変更するためにユニバーサル・ジョイントが取付けられている。
高さ調整のために、リア・アクスル・スプリング・ストラットにスレッド・スリーブとアジャストメント・ナットが取付けられている。
さらに、スタビライザー・ブロックがスレッドに取付けられており、高さは調整可能でロックナットが取付けられている。

e, ドライブシャフト
911カレラRSには911(993)ターボのドライブシャフトが装着されている。
ファスニング・ナットに加えて、ロック・ナットが付加されている。



項番2以降については次回以降のエントリに続く・・・・?



今回のネタ本3冊
b0075486_21234462.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-05-27 01:23 | 993RS | Trackback | Comments(1)

Used in Japan

久々にTwitterで993RSを検索。

今度は£299,995 for Saleの文字が・・・

POA以外で金額が出ている中では今までの最高値ではないでしょうか。


走行19000キロのスピードイエローの個体ですが、これも日本仕様のようです。


国内にはYahoo中古車で検索する限りは993RSの売り物は1台もヒットしない・・・


他にも欧州仕様の993RSの売り物件は何台かヒットしましたが、意外にバケットシートの個体だけで無く、リクライニング可能なスポーツシートの個体が多いのが見てとれます。
欧州ではいろいろな仕様でオーダーを受け付けた事の裏付けがあるようです。
価格は£190,000~£265,000の間でした。

made in Japanならぬused in Japanという言葉もあるとテレビの経済番組でもやってましたが、日本からの中古という事がプレミア要素になるとすれば・・・

変な世の中になったものです。



2台ともにミツワ物です。
b0075486_0545160.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-03-19 01:01 | 993RS | Trackback | Comments(0)

993RSの動画

993RS発売当時、同時期に出て何かとフェラーリF355と比較されるケースが多かったうちの一つ。

ワインディングでの走行動画で足使いも見れるのは参考になります。


[PR]
by p96993rs | 2015-01-26 00:23 | 993RS | Trackback | Comments(0)

£269,900・・・

Twitterで993RSを検索していてヒットしたページを見ると・・・

£269,900 for Saleの文字が・・・

最初USドルだと思って「高いなぁ」とタメ息をつきながらよく見ると£=ポンドでした???

驚愕の価格です。計算するのが恐ろしいです。

新年早々初夢という気までしてきます。

英国資本のお店で中東アブダビで販売している白の993RSのようですが、写真を良く見るとETC車載器もそのまま、リアウインドのMIZWAステッカーもそのままの日本仕様の1台でした。

ドイツあたりだとMIZWAステッカーなどは速攻ではがされるようですし、日本仕様であることを消す方向に行っているような印象ですが、こちらはMIZWAのデリバリーであることはメリットになっているようです。

冷静な判断基準の外のような気もしますし、いつまでも続くような気もしなかったりもしますが、ひとつの事実を残すということでエントリーしておきます。


b0075486_0261512.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-01-05 00:28 | 993RS | Trackback | Comments(0)

993RSの価格(価値観)について

ブログは約4ヶ月半の空白になってしまいました。
この間、クルマ的には特別な事があった訳でもなく、我が993RSは相変わらずの週末首都高周遊専用マシンの役割を淡々と果たしてくれています。


その間、世間では空冷ポルシェ価格高騰(空冷バブル?)という一連の動きがあり、自分の周辺でも多少の騒がしさを感じるところではありました。

今回の動きが過去のバブル期を代表とする大きな価格変動と違うのは、それが日本国内で完結している訳では無く、世界規模の大きな動きの中で起こっているということだと思います。

一番大きな要因は円安という事になると思います。
ユーロが90円台→143円  米ドルが70円台→114円ということは諸処の要素を入れ込むと円高ピーク時から4割引で買える訳です。


そして外的な要因として、それまでの日本のマーケット価格が世界的に相対的に安く、かつ日本の中古は距離も出ていないうえに全体的な程度良い個体が多いということ。

経済原則からすれば、上記理由によって国外に流出して行くのを止めることはできないような気がしますので、現状はやむを得ないのかなと思います。


ただ、同じ状況がいつまでも続く訳でも無いのも歴史が物語っているのも事実、その時国内にどの程度の空冷ポルシェが残っているのか?という問題が残ります。

そして国内の残存台数が減れば、整備を含む維持管理のためのマーケット規模も縮小し、車両流通が少なくなれば、外的要因が変わったとしても中古車マーケットとしては車両価格、維持管理コスト共に高値傾向になってしまいます。

全体的には良い方向とは言えないように感じています。




その中で993RSという単一車種に限ってみた場合はどうか?という視点で見ていくと・・・

現状では聞いている限り、生まれ故郷のドイツを筆頭に英国、米国、中東、豪州あたりからの引きがある状態のようです。
よって国内の中古車市場に993RSが出る機会は激減しているのが実態で、今日の段階で検索してもディーラー車の売り物は見当たらない状況です。
最近の価格は、程度次第だと思いますが、伝聞でディーラー車1800~2500の間との認識です。

993RSが世に出た1995年~96年の状況を振り返って見ると、日本仕様の993RSは当時の正規代理店ミツワ自動車が設定した要件に則った変則的な仕様で自分の勝手な調査では210台が導入されていたようです。

本国仕様との主な違いは
1、クラブスポーツタイプの前後スポイラー
2、エアコン(レスオプション可能)
3、左右エアバッグ
4、パワーウインドウ
5、イモビライザー無
6、IDプレート無


立ち位置をヨーロッパに置いて見て、そこから日本仕様の993RSを見た場合は、外見ドーピングした993RSクラブスポーツもどきになってしまいます。

これは結構大事なポイントだと思います。
日本にいる自分たちにしてみれば、993RSの基準値は日本仕様にあるわけですし、ヨーロッパの人たちはシンプルなスポイラーを纏った993RSが本来のRSなわけです。
アメリカ人にとってはフロントに変な黒いゴムが付いてサイドマーカーの無いのが本来の993の姿なんですね。
この辺を勘案すると日本仕様の993RSは決してプラス要素ばかりでは無い存在であるということです。

現実の取引状況としても、ドイツ本国仕様でドイツ国内のポルシェセンターから出荷された証明書のある個体は100万円前後高く取引されている例があるようです。
国外に売却する場合はいわゆる本国並行が最も高く売却できる可能性が高いということになるのかと思います。


まとめに入りますが、将来的な価値観がどのように形成されるかを推測するにあたって、最終的にはその生産台数が効いてくる可能性があるかもしれないと感じています。
964RSは正確な数は知りませんが2,500台前後という感覚なのに対して、993RSはストリート、クラブスポーツ合わせても1,014が定説の生産台数です。
90年代中盤の経済状況が、特に欧州で良くなかったことによって当初1,200台の予定すら消化できなかったということ、空前の円高であったことから結果的に並行も入れて日本に3割近くの台数が入ったと推測されることなどが、バランスを欠き海外に還流している現在の状況を形成する要因になったのも事実です。

今の状況がずっと続くことは考えにくいと思いますので、何らかのマイナス方向の揺り返しは折込みつつも希少性から一定の価値を保ち続けることも予測される。
自分にとっては90年代の段階でナローは充分正体不明の存在でしたが、新車時代から横目で見ていたせいか、964~993は何となく素性を把握できている安心感もあるということで、当面は今の993RSを良い状態で維持し続けることに傾注していこうと考えるに至りました。


現在は車検入庫から帰ってくるのを待っているところ、早ければ来週中には戻ってくるか・・・・
また乗るのが楽しみです。


この姿が本来の993RS
b0075486_18424593.jpg


外見ドーピングした993RSクラブスポーツもどき
b0075486_21402526.jpg

[PR]
by p96993rs | 2014-11-09 19:20 | 993RS | Trackback | Comments(0)

無事納車

仕事で出張してましたが帰って来たら荷物が届いてました。
今月末の発売と聞いていたので、想定より早くて慌てたのは内緒ですが・・・
1/18のリビエラブルー993RSクラブスポーツです。

1/1のRSは整備入庫中で手元に無いので、その穴を埋めてくれるでしょうか。

開梱して見てみました。


b0075486_188834.jpg

b0075486_1892871.jpg


全体の雰囲気は良く再現されていると思います。

事前に見た通り、仕様はフルノーマルという訳では無く、フォグ→エアダクト、Fウインカレンズ、サイドマーカー、マフラーカッターなどが変更された姿になっています。

1/18ですが開閉可能な部分はありません。
室内もそれなりに造り込まれてはいます。


こちらは以前出ていた同スケールUTモデル、ヨーロッパ仕様の1台
b0075486_18221372.jpg

前後左右が開閉可能です。
b0075486_18223317.jpg


他のスケール(1/43、1/87)にもつい手を・・・・
b0075486_18282751.jpg



来月頭ごろには整備も終わって1/1モデル?も戻って来るでしょう。
楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by p96993rs | 2013-11-25 18:39 | 993RS | Trackback | Comments(0)


RS購入13年目に突入、その間6回の引越し・・・サラリーマン維持していけるか・・


by p96993rs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

miyucolle
www.99663.com
ドカポルGS
kata-no-tikara
徒然M8写真集。
戦闘的に走れ!
飽商909の"ナローな"...
魅惑のおしり・・・
PSCJ -PORSCH...
CADIC社長の絵日記
RIDE THE POR...
 poco a poco
親子ボクスター
All things t...
Porsche 996 ...
楽勝だよ! 930ターボ...
☆ミカナ と チワワ と...
MASAの…
極彩色の大決戦!!
神戸Cayman物語
やっぱりポルシェは止まらない!
1% のポルシェ カイエンMT
Flat & Straight
I belong to 911
Driving Side...
オシリ大好き~
blue moment +
shuu
ミディアム・レアでお願い...

最新のコメント

鍵コメさま、これで対応で..
by p96993rs at 08:03
コメントありがとうござい..
by p96993rs at 01:06
こんにちは お久しぶり..
by チーム120 at 16:44
自分はポルシェに乗り始め..
by p96993rs at 22:26
どうもです。 99..
by p96993rs at 22:23
全般的に見るとドイツ本国..
by p96993rs at 22:21
こんばんは。 この記事..
by p96993rs at 22:18
こんばんは。 今回は気..
by p96993rs at 22:14
もうオーバーホールされた..
by バトラー at 09:17
たしか3980万円でした..
by バトラー at 14:21

カテゴリ

全体
モディファイ・パーツ
トラブル
メンテナンス
データ覚書
クルマ周り
過去のクルマたち
ドライブ、ツーリング
その他もろもろ
休みの過ごし方
993RS
グッズ

マイリンク

検索

タグ

(4)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

ライフログ


彼女のカレラ 5 (5)


陽のあたる坂道


雑居時代 DVD-BOX1


ラストコンサート


ノーマンズ・ランド


NHK少年ドラマ・アンソロジー1


彼女のカレラ 12 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 13 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 14 (プレイボーイコミックス)

最新のトラックバック

違法駐車 駐車違反の対策!!
from 駐車違反の対策!!
箱根湖畔ゴルフコース
from ゴルフ場【天気・予約・口コミ】
NONブログ開設致しまし..
from NONブログ
自動車の車両保険と等級
from 自動車保険の為のブログ
そもそも自動車保険とは?
from 自動車保険の為のブログ
自動車保険は三井ダイレク..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
自動車保険の比較をするな..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
新型アルコール検知器
from 飲酒運転ゼロを目指しましょう!
ポルシェ自動車(ポルシェ..
from ポルシェ自動車(ポルシェ・カ..
お得なETVカードなら首..
from ETCなら首都高カード

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
サラリーマン

画像一覧