カテゴリ:モディファイ・パーツ( 28 )

ハンドブレーキレバー交換

私事でゴタゴタしたこともあり、最近はあまりクルマに乗れていなかった中、
RS号はOH後の点検で入庫しておりましたが、全く問題無いとの見立てでオイル交換のみで戻ってきました。

それだけというのも寂しい?ので1個だけ手を入れたのが・・・


純正オプション

カーボン・ルック ハンドブレーキレバー

カーボン/アルミ仕上げのハンドブレーキグリップと解除ボタン、Porscheのロゴ付き。

部品番号 993 424 980 04
テクイップメント品番 000 044 700 08 8YR

1996年当時定価 132,000円(税抜)
ポルシェの内装オプション部品価格の高さには驚きます。

新品をオークションで見つけていろいろ価格を調べましたが、海外のパーツ販売サイトで類似品の価格表示のあるところで$923.68~$1237.60、送料や忘れた頃にやって来る関税などを考慮すると、在庫の有無を含めて厳しい情勢である事もわかりましたので、それなりに気合を入れて落札した次第です。


内装に目をやると視点の真ん中に来て本当によく見えますし、必ず手で触るパーツなので変えた効果はとても高いと思いました。
冬場は冷たいアルミの触感がとても違いを感じさせてくれます。
当時物のパーツでモディファイしていくのも更に大変になっていきますね。




カーボン模様の出ている唯一のパーツとなりました。
b0075486_2254788.jpg


内装の真ん中で怪しく底光りするので目立ちます。シフトノブやドア取手とも質感が近いので違和感も無し
b0075486_17202351.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-12-24 00:34 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(0)

先祖帰り?

結果的に元のサヤに収まるのか?

思わず手を出してしまいました・・・・


b0075486_22404516.jpg



無骨な感じですが気が向いたら装着してみようかと。


b0075486_22421792.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-11-23 22:42 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(0)

空冷RSのパーツ価格について

964RS乗りの知人から聞いた話ですが、最近ネットオークションで964RSの純正ステアリングが高値で取引されているそうです。

価格は「幾らくらいだと思う?」と問われて自分が答えた金額のざっと3倍といったところです。
ちょっと驚いてしまった次第です。

964RSの純正ステアリングはエアバッグが付く前の964と外見は同じように見える四角いホーンパッドが付いたタイプですが、直径が380mm→363mmである事と、握りの形状も通常の964用と違っていること、ボスを延長するアダプターが入っていて手前にオフセットしている個体があることなどの違いがあります。


PETで品番を調べてみると

ステアリング本体は以下の2品番
928 347 084 08 steering wheel with elevated hub
928 347 084 07 steering wheel

ホーンパッド
964 347 859 80 pad for horn

というパーツNoが出てきます。
そして、更に同年代の944や928のステアリング回りで調べていくと、俗に言うM品番=944や928のM431オプションが末尾07、M018オプションが末尾08の全く同じステアリング本体を使用していることがわかります。

944や928のスポーツステアリングのオプションパーツであれば、かなり安価に手に入れることができる可能性もあるようですし、RSのホーンパッドやボスの延長アダプターは新品がパーツとして出てくる可能性もあるとの事。

現状のプレミア価格と比較すれば、かなり安価になる可能性が高いのではないでしょうか。


一事が万事という訳ではありませんが、車両本体の価格高騰のあおりを受けてパーツ類も手に入りにくくなるのは困りもの、互換性など調べてから購入することも考えてみる例として考えさせられる一件でした。


このデザイン、実は大好きです。昔乗ってた944ターボがこの形でした。
b0075486_22421144.jpg

[PR]
by p96993rs | 2014-12-24 22:54 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(2)

20年落ちポルシェ993のエアバッグについて

自動車エアバッグが最近世の中で物議を醸している今日この頃。


わがポルシェ993に置き換えて考えてみると以前から気にはなっていた素朴な疑問点が・・・

ポルシェにエアバッグが装備されたのは1992年モデルあたりからと思いますが、20年以上経過したエアバッグというものは何も考えずにそこにあり続けて良いものなのか?ということです。

何かの要因で異常な作動をするリスクは無いのでしょうか?


こと自分の身に置き換えると、運転席側はエアバッグの無いステアリングに換装していますが、助手席側はしっかり残っています。

993の場合は例の”ブレーキを踏むと勝手にホーンが鳴る”件でエアバッグ無しのステアリングに変えているケースも多いように感じていますが、993も20年選手の仲間入りをし始めている中では何のアナウンスも聞こえて来ないことが疑問に思えています。

ポルシェ993のエアバッグ関連部品に関する情報開示について、エアバッグコントロールユニット交換時のコーディングについては新規部品が996品番に変わっている中で、部品供給元(ポルシェAG)からは特別な指示が無く整備時に正常作動しないケースも見受けられるという話を伝聞で聞いていたりします。

今回のエアバッグの作動異常?による一連のリコール騒動の原因は不明のままのようですが、ポルシェの初期エアバッグ装備車両も旧車?の仲間入りしそうな中、何らかの情報開示があっても然るべきかと感じます。



この記事を書きながら思い出して探し出したウチの993RSの純正ステアリング、重いです。
b0075486_002497.jpg


ホーンスイッチと合体したエアバッグユニット
b0075486_003056.jpg

[PR]
by p96993rs | 2014-12-09 00:08 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(0)

ステアリング換装(momo→atiwe)

最近はこれといった変化も無く過ごしていますので、気分を変えてみようかと、

久々の平日休みを利用してステアリングを換装してみました。

現状は993RSクラブスポーツの純正(momo製)を偏芯しないように装着しておりました。

今回はアティベ(ATIWE)のフォーメル(FORMEL) TYPE32の36cm径でホーンパッドにポルシェクレスト+左下にポルシェロゴ入りの一品ですが、逆三角形Pマーク無しのポルシェの純正品では無いと思われるモノを付けてみました。

ボスもアティベ用ではなく、元のmomo用にアティベ用のアダプターを入れてみました。

作業を始めてみると、案の定というか想定外の事がたくさん出てきて難儀しましたが、何とか完了。
結果的にはステアリングがアダプター分の約1cm手前に出て来てウインカーレバーが遠くなった感じです。

ホーンのスイッチ調整がまだ不完全だったり、ボスを変えてないのにセンターが狂ったような気がしたりと安定しないところは残ってますが、今週末くらいまでに潰していこうと思ってます。

それにしても最近の暑さには参りました。
真夏は乗れないかなぁと思い始めた今日この頃です。



握りが太いので操作感はずいぶん変わります。
b0075486_21392355.jpg

死角を減らすために試行錯誤、補助ミラー(曲面鏡)を付けてみました。
b0075486_21394633.jpg

[PR]
by p96993rs | 2014-06-03 21:48 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(0)

純正RS用スポーツステアリングのレストア

いつの間にか心惹かれるモノというものはあるもので、


自分の場合は今回のネタになっている1本のステアリング、
本来は964RS時代にオプション設定されていたスポーツステアリングで、
原型はイタリアのステアリングメーカーであったアティベ(ATIWE)のフォーメル(FORMEL) TYPE32の36cm径です。

メーカーのアティベも、吸収合併でRAIDという名前に変わっていますが、今では90年代当時の面影を残すものは少なく、エアバッグ仕様のステアリングが中心のメーカーになっているようです。

自分がこのモデルに初めて触れたのは、1994年から乗った968CSにポルシェに純正採用された黒1色のモノでしたが、他にもいろいろなパターンのモデルが作られていたようです。

使ってみた印象は、やけに握りの太いハンドルだなぁ、というものでしたが、いつしか握り心地や程良い36cm径に馴染んでいったものでした。

その頃は911に乗る事はイメージの外にあって、それでも雑誌とかに載っていた3トーンカラーや左下にロゴをエンボスした凝った仕様のステアリングを自分のとはちょっと違うよなぁ、とある種の憧れを持って見ておりました。
北海道転勤で968を降りた後も、また使ってみたいと思っていた記憶があります。


そんな伏線もあって、2002年に今の993RSに乗り始めてから程なく、あるショップに転がっていた青系の3トーンカラーのちょっと古ぼけたステアリングを見つけて、即買いしてしまった自分がいました。

しばらく装着して使っていましたが、左下のロゴ部分を中心に傷みが目についていた事もあり、現在使っている993RSクラブスポーツの純正品に換装してからは押入れの肥やしになっておりました。


いい機会があれば、補修してみたいと常々思っていたのですが、遂にこれと思う業者さんが見つかり、実行してみました。
皮革の補修はやはり難しい要素が多いということも丁寧に説明していただき、現物を見せて手に取ったうえで見積もりのうえ作業をお願いする形になりました。

脱脂工程と塗装のマットな質感に拘っていたこともあって時間はかかりましたが、なかなか良い感じに仕上がったと思っています。
落ち着くまでは装着せず、しばらく寝かせておいた方が良いとの事なので、当分は家の玄関先に飾っておくことにはなりそうです。

10年越しの懸案事項が1つ解決?した感じです。


本来は964RSの内装色とコーディネートされています。
b0075486_23432247.jpg

装着して遠目で見るとそんなに目立ちませんが・・・
b0075486_23433253.jpg

近くで見るとスレ、テカリなどで見苦しい状態でした。
b0075486_23433942.jpg

真ん中周辺のマットな質感を全体に落とし込んで補修していただきました。
b0075486_23434891.jpg

裏側の逆三角Pマークで純正を示しますが、普通のアティベと革や下地の質感に違いがあります。
b0075486_23435496.jpg

[PR]
by p96993rs | 2014-05-01 23:54 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(0)

993RSには純正リトロニックは装着不可な件

ちょっとしたことですが、備忘録的に記載しておこうと思います。

数年前、某ネットオークションを見ていた際に、993用純正リトロニックのライトユニット左右と純正バラスト2つというのを落札しました。
確か5万円前後の価格だったと記憶しています。

到着したブツは見るからに程度も良いものでした。
その時は、定価20万以上する純正HIDを安価に装着できそう、という期待の下、主治医のショップにハーネスの手配と装着を依頼しました。

その後、しばらくして連絡があり、その内容は「ハーネスを発注しましたが、車台番号不適合で販売不可能との返答がPJからあった」との事でした。

993RSのECUを中心とする電装系はリトロニックの高電圧、高電流への耐性が無く装着できないということ。


結局、手元に残った左右のライトユニットとバラスト一式は購入したほぼ同額でネットオークションで売却されるという結果となりました。


一抹の疑問は、リトロニックがそういう事であるということは、他の社外汎用のHIDヘッドライトユニットの場合はどうなのか?ということです。



一度使ってみたかったんですけど・・・・駄目でした
b0075486_20151966.jpg

[PR]
by p96993rs | 2013-12-19 20:23 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(3)

ハンドル偏芯について

ポルシェ社のインターフェースは完璧、イジくるなんてとんでもない、というのが大多数の意見とは思いますし、自分も基本はノーマル派なんですが、どうしても馴染めないのがステアリングの偏芯でした。

初めて乗った924ターボの時代から純正ハンドルは、ステアリングポストから上に偏芯して付いていました。
911と違って元々のステアリング位置が下寄りでチルトもテレスコピックも無いので胸下から送りハンドルをするようなイメージで回していたような記憶があります。
そういえば、チルトを付けないのは取り付け剛性を維持する為だとか・・・いずれにせよ太ももとのクリアランスが少なく、邪魔くさい気もしていました。

この辺を軽減するために上側に偏芯してるのかな、と思ってましたが、当然回せば直進時より下にハンドルが来る訳で、余計太ももが窮屈になるし、根本的な解決になってないと思ってました。

水冷4気筒から964、993に乗るようになっても、この偏芯はどこまでも付いて来ていた訳で、自分はボスを普通の真円のものに付け替えてしまい、偏芯しない状態にしています。


なぜポルシェ社はハンドルに偏芯を付け続けるのでしょうか?
最近のポルシェはチルトもテレスコピックも付いているでしょうから足側のクリアランスは関係無くなっているでしょう。
でも、かのワルター・ロールもカレラGTの偏芯したハンドルを何も言わずに回しているのです。


今回、993RSCSの純正ハンドルを改めて見てみると真円のボスにわざわざ13mm偏芯のスペーサーを入れて装着するようにセットされていました。
偏芯に対する拘りを感じさせます。

ハンドル偏芯の本当の理由は何でしょうか。


993RSCS純正ハンドルに付属のボス 上に偏芯して装着することになります。
b0075486_19112227.jpg

[PR]
by p96993rs | 2011-08-07 19:21 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(4)

ステアリング考

我が家のクルマは1台体制が少なくとも15年間は続いています。

にもかかわらず、ステアリングは減ったとはいえ、数えてみたら合計で6個手元にあることになります。
ピーク時は10個以上あったような気もします(汗)

今、RS号に装着しているのは964RSにオプション設定されていたアティベ製の36cm径ブルー系3トーンカラー、ポルシェロゴのエンボス入り の一品です。

これはこれで気に入っているのですが、気になるモノがあると集めてしまっているのも正直なところです。
クルマは1台しかないのに意味が無いと思ったりもします。


①&②クレーマーレーシングの刻印入りモモコルセが2つ→黒の35cm径とリビエラブルーの同系色の32cm径

③アティベの36cm径、黒のクラブスポーツ仕様のポルシェロゴ入り

④993RSクラブスポーツ純正の36cm径モモ

⑤純正OEM 日本仕様993RSのエアバッグ付38cm径

⑥今RS号に着けてるアティベ

せっかくなので、そろそろステアリングの着替えでもしようかな、とも思う今日この頃です。


誰か964/993用のアティベ用3穴ボルトの黒いボスをお持ちで譲ってくれる方はいらっしゃいませんでしょうか。



現状のステアリング周り
b0075486_2353413.jpg

①の35cm径のクレーマー仕様のモモコルセ
b0075486_23532887.jpg

②の32cm径は以前装着しておりました。
b0075486_23534039.jpg

③のアティベは佇まいが好きな一品です
b0075486_23535494.jpg

④993RSと言えばこれが定番かもしれません
b0075486_2354635.jpg

[PR]
by p96993rs | 2011-06-12 21:36 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(2)

Tech Art エアダクトの装着

前回エントリの謎掛けはともかくとして、今回の入庫時には、タイヤ交換だけでも物足りない感じもありましたので、90年代中盤の発売当時に純正オプションカタログに掲載されていた、テックアート製のエアダクト+フォグランプを装着してみました。

当時の雑誌テキストより要約
テックアートはトーマス・ベーリンガーとマティアス・クラウスが1987年に設立。
ドイツではポルシェAG、英国ではポルシェカーズGBとのタイアップにより、メーカーディーラーネットワークのオフィシャルアフターマーケットサプライヤーとなるまでにした。
ドイツではテックライン、英国ではポルシェ・テクニックというレーベルで販売された。
993ではエアロパッケージを纏ったスペシャルエディションモデルがポルシェディーラーから販売され、チューニングコンセプトが認知された。

とのことです。

日本では発売当時は、現在ACシュニッツァーの代理店のアドベントが販売していたように記憶してますが、一式で結構な値段だったような記憶があります。

以前、新品のパーツ一式を手に入れたので、いつ装着しようか迷いましたが、押入れの肥やしにしておくのも勿体ないし気に入らなければ元に戻せばよいと考えて着けてみることにしました。
写真の部品一式にフロントタイヤハウスまでのホースと配線用の小物パーツが付属のセットになっていました。


以下は打刻部品番号

ダクト本体
右993.100.181.100
左993.100.181.101

ホース受け
右964.100.180.110
左964.100.180.111

風切板
右964.100.180.120
左964.100.180.121

fog本体
右02B 1NL 007 220-04
左02B 1NL 007 220-03

機能的にはブレーキ冷却とフォグライトとスモールライトの3つの機能を満たしている合理的かつ高効率なパーツとは思います。
現在、993用のテクイップメントに掲載されているアクティブクーリングシステムは外見はよく似ていますが、フォグの機能は無く、スモールライトのみとなるそうです。

今回のダクトは、純正のエクスクルーシブカタログに掲載されていますので、一応純正指向は満たすものとして捉えることにします。


顔つきも少し変わった感じがしないかな?
b0075486_17153930.jpg

ダクトはオイルクーラー裏を通ってインナーフェンダーまで貫通
b0075486_1716978.jpg

一式はこんな感じで全般的には大雑把な造りといっては失礼か
b0075486_17163349.jpg

主要な部品には純正よろしく部品番号の打刻がありますが、どこまでの意味かは?
b0075486_17164379.jpg

スモール点灯時はこんな感じです。
b0075486_17165928.jpg

エクスクルーシブ仕様の993ターボはこんな感じです。
b0075486_17502076.jpg

アクティブクーリングシステム、オイル冷却が目的とすると似て非なる機能
b0075486_17172584.jpg

[PR]
by p96993rs | 2010-03-29 20:11 | モディファイ・パーツ | Trackback | Comments(2)


RS購入13年目に突入、その間6回の引越し・・・サラリーマン維持していけるか・・


by p96993rs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

miyucolle
www.99663.com
ドカポルGS
kata-no-tikara
徒然M8写真集。
戦闘的に走れ!
飽商909の"ナローな"...
魅惑のおしり・・・
PSCJ -PORSCH...
CADIC社長の絵日記
RIDE THE POR...
 poco a poco
親子ボクスター
All things t...
Porsche 996 ...
楽勝だよ! 930ターボ...
☆ミカナ と チワワ と...
MASAの…
極彩色の大決戦!!
神戸Cayman物語
やっぱりポルシェは止まらない!
1% のポルシェ カイエンMT
Flat & Straight
I belong to 911
Driving Side...
オシリ大好き~
blue moment +
shuu
ミディアム・レアでお願い...

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by p96993rs at 01:06
こんにちは お久しぶり..
by チーム120 at 16:44
自分はポルシェに乗り始め..
by p96993rs at 22:26
どうもです。 99..
by p96993rs at 22:23
全般的に見るとドイツ本国..
by p96993rs at 22:21
こんばんは。 この記事..
by p96993rs at 22:18
こんばんは。 今回は気..
by p96993rs at 22:14
もうオーバーホールされた..
by バトラー at 09:17
たしか3980万円でした..
by バトラー at 14:21
空冷911&空冷RS、近..
by バトラー at 14:11

カテゴリ

全体
モディファイ・パーツ
トラブル
メンテナンス
データ覚書
クルマ周り
過去のクルマたち
ドライブ、ツーリング
その他もろもろ
休みの過ごし方
993RS
グッズ

マイリンク

検索

タグ

(4)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

ライフログ


彼女のカレラ 5 (5)


陽のあたる坂道


雑居時代 DVD-BOX1


ラストコンサート


ノーマンズ・ランド


NHK少年ドラマ・アンソロジー1


彼女のカレラ 12 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 13 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 14 (プレイボーイコミックス)

最新のトラックバック

違法駐車 駐車違反の対策!!
from 駐車違反の対策!!
箱根湖畔ゴルフコース
from ゴルフ場【天気・予約・口コミ】
NONブログ開設致しまし..
from NONブログ
自動車の車両保険と等級
from 自動車保険の為のブログ
そもそも自動車保険とは?
from 自動車保険の為のブログ
自動車保険は三井ダイレク..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
自動車保険の比較をするな..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
新型アルコール検知器
from 飲酒運転ゼロを目指しましょう!
ポルシェ自動車(ポルシェ..
from ポルシェ自動車(ポルシェ・カ..
お得なETVカードなら首..
from ETCなら首都高カード

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
サラリーマン

画像一覧