カテゴリ:クルマ周り( 59 )

993RS任意保険の更新(地震・噴火・津波危険車両損害補償特約についての考察)

今月は任意保険の更新月、加えて自動車税の納税もあるのでクルマ関係の出費が多い月になっています。


今回の更新は残価設定の減(1980万→1780万)はそのまま受け入れ、その他の項目は基本的に前年踏襲で継続することに決めました。

保険料は20等級(63%割引)で336,720円、前回と比較して約3万円安くなりました。

今回、あまり交渉を長引かせることなく決めた理由の一つが現状付帯している「地震・噴火・津波危険車両損害補償特約」の存在でした。

残価設定の問題について言えば保険会社によっては、より大きな金額の車両保険を設定することが可能でしたが、この特約を外すことが条件となってきます。
現状では、この特約を付けられる保険会社は決して自らその特約を積極的に勧めることもPRすることもほとんど行っていないのです。
ほとんどの保険会社は新規の募集を停止しており特約を付けたくても付けられない状態にあります。


自分は最近知ったのですが、現状は2012年1月から保険会社はリスクを回避するために、補償内容を限定した「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」の販売を開始したとの事です。
この特約は、車両の価格がいくらであっても全損と認定された際に50万円の一時金が出るというものです。

現実的にはあまり意味の無い特約に思えますが、新規で地震、津波、噴火のリスクに対応するにはこの特約しか選択肢が無いのが現実のようです。


最終的に
1、現状の運転頻度、走行パターンから考えて全損レベルの事故を起こす可能性はかなり低い。
2、車両の価値感から言って、かなり大きな費用をかけたとしても修理される可能性は高いという事から、それなりの残価設定は欲しい。
以上の2点を考慮して今回の契約に至ったということです。


転ばぬ先の杖ということで、何事も起こらなければ一番良いのですが・・・・

b0075486_22463897.jpg


[PR]
by p96993rs | 2017-05-17 22:53 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

空冷ポルシェ・パーフェクトブック

3月11日(土)に”空冷ポルシェ・パーフェクトブック”がネコパブリッシングより発売されました。

キャッチコピーと解説は

今、改めて歴代空冷ポルシェを知る!
930/964/993メカニズム徹底解説!!

空冷エンジンは、そういう鼓動がじかに伝わってくる「生き物に似た」感触があるが、所詮は「メカニズムの集合体」だ。
ならば、その構造や素材や揺動のことを知り、愛車・空冷ポルシェとの距離感を縮めていければ、
もっと「愉しい空冷ポルシェライフ」がおくれると思う。



本屋で手にとって早速お買い上げ・・・

内容はNEKOの本にありがちな過去の資産の使い回しと思いきや、
とてもハード寄りの細かい解説がされた、読むのが大変そうな1冊でした(誉め言葉です)

輸入車対象のMOOK本にしては珍しい、価格対内容のクオリティの高さは際立っているように思いました。
なんでこんな本が今出たのか不思議です。

今のご時世でこんな本は売れるのかな、と思いましたが、
売れないと儲からないし、儲からないとその後も続かないので買うしかないですね。

ゆっくり読もうと思います。




930/964/993の3世代のメカ的な違いを徹底的に解説した内容
b0075486_22412164.jpg
NA993はM64/05が中心でM64/20については残念ながら文字のみでした
b0075486_22413161.jpg
エンジンのみならず、サスペンション、ブレーキ、駆動系なども細かく解説
b0075486_22414611.jpg


[PR]
by p96993rs | 2017-03-14 22:50 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

CAR MAGAZINE 462号(2016年12月号)歴代RSの記事

本日書店で手に取ったCAR MAGAZINE 462号(2016年12月号)

歴代のRS一挙試乗の10ページにわたる記事があったのでお買い上げ。

出ているのは基本ポルシェ博物館所蔵の由緒正しいクルマたち。

993RSはリビエラブルーのクラブスポーツでした。

ついつい、全部でいくらなんだろ、とか考えてしまうのは困りものです。




73カレラRSから991GT3RSまでの歴代RSが勢揃い
b0075486_22205595.jpg

964RS、964RS3.8、993RSCSのページ
b0075486_22211350.jpg

[PR]
by p96993rs | 2016-10-26 22:26 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

モーターヘッド22号

書店で見掛けた雑誌モーターヘッドの22号

ポルシェ特集+付録のDVDが歴代空冷RSの映像ということでお買い上げ決定です。

73年911カレラRSツーリング
92年964カレラRSベーシック
96年993カレラRSストリート

DVDは3台の空冷RSの試乗インプレが約21分+空冷ポルシェバイヤーズガイドの構成

最近は空冷ポルシェを正面から採り上げたメディアは少ないので、それだけでも価値は認めます。

993でも20年以上の歳月を経ている事から、自分のクルマもそうですが、
対象の車両がフルオリジナルを保っていることは非常に稀である事は当然の事ですが、
冷静な比較検証のツールとしては無改造車でやってくれればとは思いました。

でも国内での生息数が減っていると思われる現状では、いよいよ難しくなってるんでしょうね。

今夜も納得してDVDを観ることにします。



b0075486_23253150.jpg
b0075486_23252116.jpg

[PR]
by p96993rs | 2016-09-28 23:32 | クルマ周り | Trackback | Comments(2)

任意保険の更新(993RS 14回目)について

今月、自動車税と共にクルマの維持費に大きな比重を占める任意保険の更新がやって来ました。


今回は自動的に減価償却された継続用の通知によると車両保険金額の残価設定は何と650万円。
ある程度は覚悟していたとはいえ、寂しいというか、不安な数字でした。

これまでの14年間で、何とかゴネながらだましだまし車両保険金額の設定をやって来ましたが、さすがに厳しくなって来たという事と、昨今の中古車市場の状況から位置づけが難しくなっている事を踏まえて保険会社との交渉を行って来ました。

交渉自体は自分が前面に出たわけでも無く、代理店様にやっていただいた訳ですが、結果的には
車両保険金額1,980万円、地震噴火津波特約も維持
という条件的には満足できる内容で妥結することができました。

当然、年間保険料は大雑把に言って20等級の63%割引で24万→36万と大幅に上昇する事となりました。
これはサラリーマンの範疇で支払う保険料では無いかな、という認識は持ちつつも、そのまま契約する事としました。

この辺はいろいろな考え方があるところだとは思いますので、993RSというクルマの維持にあたっての事例として見ていただければと思い記事にした次第です。

あとはJAFを退会しているので、ロードサービスについて任意保険付帯以外でいくつかの候補を検討中です。




この通知が来たときにはいっそ車両保険を止めようかとも考えました。
b0075486_1395679.jpg


今回の契約内容で来年の5月まではこれで行くことに・・・自動車税と同じ時期なので辛い
b0075486_14012.jpg

[PR]
by p96993rs | 2016-05-22 02:40 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

アメリカの25年規制と21年規制について

以前のエントリで米国のオークションに993RSが出品、落札された件を採り上げましたが、その際に製造から20年経過した中古車は安全基準に不適合でも登録可能云々という事がありました。


昨今の空冷ポルシェの価格高騰を語る際に、よく言われている事だと思いますが、いま一つハッキリしていない印象もありましたので、ちょっと調べてみた次第です。


前提条件として
1967年開始の米国連邦自動車安全基準(Federal Motor Vehicle Safety Standard=FMVSS)の規制対象となる中古車は(製造後)車齢25年未満の乗用車、トラック、自動二輪車です。


平たく言うと
逆さに考えると「アメリカ国内で新車販売されていないクルマは、製造後25年経過しないと輸入できない」というもの。
アメリカは、原則として、輸入できるクルマはFMVSSに準拠したアメリカ仕様の車両に限られており、それ以外の車両の並行輸入は認められていない。
それでも、輸入したい場合には、車齢が25年経過した車両なら輸入が可能になると言う規制です。

一般的な自動車の場合、25年も経過したクルマは価値が殆ど無くなるので、余程のクルマではない限り輸入される事は無いことから、結局はアメリカの自動車メーカー保護の為の規制という事だと思います。

これが通称”25年規制”と言われるものです。


また、21年規制は輸入規制で例外として認められている「展示用」かつ「生産されてから21年以上経つ『歴史的または技術的に価値のある車』」という条件。
しかし、「展示車」としての輸入には、それ相応の制限があり、輸入時の車両チェックが厳しく、輸入後の使用方法に制限が加えられるようです。輸入許可が下りた後も、環境保護局とカリフォルニア州大気資源局の基準をクリアする必要があり、さらには、年に4000キロしか走行が許されないという。


この規制の影響を最も大きく受けているのはR32のスカイラインGTRらしく、25年規制が明けてからアメリカへの輸出が急増して、日本国内の中古車価格の大幅上昇という副産物を生んでいるとの事。


964RSと993RSに当てはめると、964RSは実際に製造されたのが1991年だと見ると、21年は既に経過し2016年に25年規制明けを迎えます。
993RSは1995年製造とすれば2020年が25年規制明け、2016年が21年規制明けになります。

良くも悪くも中古車相場の形成に大きな影響があるのは間違いなく、このあたりのタイミングを見据えて動きが出る事も織り込みながら考えていく必要がありそうです。



全然関係ありませんが、今日初めて991GT3RSを見ることができました。
b0075486_2233077.jpg
b0075486_2233638.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-10-25 22:11 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

ポルシェ993 ノーマルへの回帰について

ポルシェ993も生誕20年を超えて来た昨今、最近の流れとして感じるのはノーマルへの回帰傾向です。

我がRSの純正オーディオは964から続くクラリオン製のCR-2とCDチャンジャーCDC-1が装着されています。
壊れていない+スピーカーもフロントのみ、120kmを超えると余り聞こえない事もあって今のところ純正のまま手つかずです。


最近までの流れとしては、カセットレシーバー+CDの構成では実用上満足できる訳もなく、空冷911のインテリアとのバランスには留意しつつもUSB端子付の社外オーディオに換装するケースが多いと思います。

それに伴ってCR-2はその辺に捨て置かれていたのが実態で、ジャンク品としてヤフオクとかで下手すると1000円くらいで売られていた訳です。
自分も今のが壊れた時の部品取りに1個購入して押入れに入れてありました。

ところが最近は、CR-2が軒並み万単位、程度が良ければ5万円を超える金額で取引されています。
993後期に装着されていたCR-3も同じような状況との事でした。

実用上のメリットは無いと思いますので、用途は”純正戻し”ということになります。

空冷911が20年を超えてオリジナル指向という側面が出て来ているとすると・・・・・


今後は
ウインカーレンズ
サイドマーカー
ホイール(16&17インチ)

あたりが注目株になるかもしれません(不確か)
純正の993用ホイールは16も17もまだ異様に安い値段で出回っていると思いますが、絶対数が減っているようにも感じます。

自分も気分が乗ったら前&横クリア+レッドテールをノーマルのオレンジに戻してみようかとも考えております。



今となっては化石風のCR-2
b0075486_20103224.jpg

10年くらい押入れに寝てたので動くかは??
b0075486_20103914.jpg

97年に乗り始めた993カレラクーペⅠ、最初は16インチを履いてました。
b0075486_2011248.jpg

拾ってきた16インチの写真、RSのホイールに実は似たデザイン。元々希少だったと思います。
b0075486_20111395.jpg

97年当時憧れて履き替えた17インチはまだ安く買えるようです。このホイール実は結構好きです。
b0075486_20111977.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-10-10 21:03 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

雑誌記事”ある詐欺事件の顛末”について

昨日発売された911&PORSCHE MAGAZINEの81号の記事に目が留まりました。

概略は中古で購入した993ターボが車検を受ける際に車台番号のプレートに齟齬が見つかり、盗難車と思われる車両に全損扱いとなった事故車の車台番号プレートが貼り付けられたモノだったということ。

最終的な落とし処を含めて昨今の空冷ポルシェの価格動向を見るかぎり同じようなリスクが発生する可能性はより高くなっていると思われます。
80年代の映画ノーマンズランドで描写されていた通り手法自体は珍しくないのかもしれませんが、いざ調べようとすると費用や法的対応が必要になる等、大変な手間と時間がかかるという事です。

自分のRSの場合は、2008年の11月に札幌陸自でユーザー車検を受けた際に検査官の方々もエンジン番号の打刻位置が分からず30分以上悪戦苦闘した挙句、形式認定時の書類の謄本や世話になっているショップと電話でやりとりして確認した事があり、まあ間違いはないかなと思いますが、普通はよほどの旧車でない限りは疑ってかかることは無いように思われます。
その辺の注意を喚起するという意味で意義のある記事と感じました。

ひとつ残念かなと感じたのは車台番号の解説でVINコード3番目の文字について”O(オー)”と記載されていること。
正しくは”0(ゼロ)”ですが、校正ミスか筆者の思い込みなのかは分かりませんが、主要なテーマに関わる大事な部分ではありますので細心の注意が払われるべきだと思います。



基本の車台番号(VINコード)はこの場所にあります。
b0075486_22474328.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-09-06 23:58 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

20年前の特別なポルシェ

1994年頃に来たと思われるDMに載っていた4台のポルシェ。

当時特殊なポルシェの輸入を行っていたミツワトレーディングの扱い車両でした。

b0075486_23172212.jpg
b0075486_23174988.jpg
b0075486_231847.jpg
b0075486_23181794.jpg


この中で911ターボSエクスクルーシブ(ターボ3.6フラットノーズ)は実車を何度か見たこともありますし、今の993RSを探しているときに中古車の売り物件が2台あって見に行ったこともあるので、ちょっと身近に感じたりもします。それ以外のポルシェスポーツスターや964RSライトはこれだ、という実車は見たことがありません。
これらの少量輸入車は今も元気に日本に生息してるのでしょうか?


わが993RSは約2ヶ月の入庫を経て、お盆前に復活の予感が・・・・
楽しみにしたいところですが、猛暑が不安な今日この頃です。
[PR]
by p96993rs | 2015-08-06 23:18 | クルマ周り | Trackback | Comments(0)

フットワークポルシェFA12 1/43モデル化

1990年の後半、あるニュースがF1界を駆け巡ることとなりました。

ポルシェがF1に帰ってくる。

80年代のターボ時代、マクラーレンTAGポルシェとしてF1に参戦していたポルシェが、F1用3.5リッターV12を開発してフットワークに供給することが決定。

レギュラードライバーはミケーレ・アルボレートとアレックス・カフィ。
デザイナーはアラン・ジェンキンス。
ノーズ先端からフロントウィングを一本のステーで吊るす特徴的なデザインを採用。

エンジン形式”ポルシェ3512” はフットワーク・FA12のために開発されたエンジンですが、昔のターボ時代のV6エンジンを縦に2基繋いだような代物で、サイズも重量も他のエンジンに比べると大きく、当初の設定ディメンションを逸脱してシャシーの再設計が必要な程だったらしい。

FA12は91年シーズン3戦目のサンマリノから投入されたが、カフィ、アルボレート共に予選落ちし、モナコではカフィが予選でトランスミッションが脱落する形でクラッシュし、その後交通事故で負傷したため、カナダからステファン・ヨハンソンが代役で出場したもののリタイア、メキシコでは予選落ちと、FA12は一度も完走すること無く、たった4戦でF1から退場していった。

結局エンジンをV8DFRに載せ替えて設計変更されたFA12Cで残りを戦った91年度はノーポイントだった。


最近、こんな異端かつマイナーなフットワークポルシェFA12が1/43でモデル化されるという事件が起こりました。
しかもアルボレート、カフィ、ヨハンソンの3ドライバーのフルコンプリートです。
特徴的なノーズやインダクションポット形状、スッキリした日の丸カラーなど見た目は結構イケてるように以前から感じていたこともあって、思わず全部購入してしまいました。

3モデル共に結構品薄になっているような気配ですし、ポルシェにしてみれば消したい歴史なのかもしれませんが、意外に記憶に残ってるマシンなのかな、とも思います。

90年代からポルシェ好きになった自分にとっても消えることの無い記憶の1ページです。



出走たった4戦のみ、しかも完走が無いのでほとんどテレビに映ってなかったですね。
b0075486_2272833.jpg


モナコ予選クラッシュの動画ですが、トランスミッション脱落だそうでマシンは真っ二つ


誇らしげな3512エンジンのオフィシャルフォト
b0075486_2273515.jpg

Sparkでモデル化、9番のミケーレ・アルボレート
b0075486_229519.jpg

代役のヨハンソンを含めて3台全部モデル化されてビックリ
b0075486_2293577.jpg

[PR]
by p96993rs | 2015-04-20 22:43 | クルマ周り | Trackback | Comments(2)


RS購入13年目に突入、その間6回の引越し・・・サラリーマン維持していけるか・・


by p96993rs

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

miyucolle
www.99663.com
ドカポルGS
kata-no-tikara
徒然M8写真集。
戦闘的に走れ!
飽商909の"ナローな"...
魅惑のおしり・・・
PSCJ -PORSCH...
CADIC社長の絵日記
RIDE THE POR...
 poco a poco
親子ボクスター
All things t...
Porsche 996 ...
楽勝だよ! 930ターボ...
☆ミカナ と チワワ と...
MASAの…
極彩色の大決戦!!
神戸Cayman物語
やっぱりポルシェは止まらない!
1% のポルシェ カイエンMT
Flat & Straight
I belong to 911
Driving Side...
オシリ大好き~
blue moment +
shuu
ミディアム・レアでお願い...

最新のコメント

鍵コメさま、これで対応で..
by p96993rs at 08:03
コメントありがとうござい..
by p96993rs at 01:06
こんにちは お久しぶり..
by チーム120 at 16:44
自分はポルシェに乗り始め..
by p96993rs at 22:26
どうもです。 99..
by p96993rs at 22:23
全般的に見るとドイツ本国..
by p96993rs at 22:21
こんばんは。 この記事..
by p96993rs at 22:18
こんばんは。 今回は気..
by p96993rs at 22:14
もうオーバーホールされた..
by バトラー at 09:17
たしか3980万円でした..
by バトラー at 14:21

カテゴリ

全体
モディファイ・パーツ
トラブル
メンテナンス
データ覚書
クルマ周り
過去のクルマたち
ドライブ、ツーリング
その他もろもろ
休みの過ごし方
993RS
グッズ

マイリンク

検索

タグ

(4)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

ライフログ


彼女のカレラ 5 (5)


陽のあたる坂道


雑居時代 DVD-BOX1


ラストコンサート


ノーマンズ・ランド


NHK少年ドラマ・アンソロジー1


彼女のカレラ 12 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 13 (プレイボーイコミックス)


彼女のカレラ 14 (プレイボーイコミックス)

最新のトラックバック

違法駐車 駐車違反の対策!!
from 駐車違反の対策!!
箱根湖畔ゴルフコース
from ゴルフ場【天気・予約・口コミ】
NONブログ開設致しまし..
from NONブログ
自動車の車両保険と等級
from 自動車保険の為のブログ
そもそも自動車保険とは?
from 自動車保険の為のブログ
自動車保険は三井ダイレク..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
自動車保険の比較をするな..
from 自動車保険 あなたの自動車保..
新型アルコール検知器
from 飲酒運転ゼロを目指しましょう!
ポルシェ自動車(ポルシェ..
from ポルシェ自動車(ポルシェ・カ..
お得なETVカードなら首..
from ETCなら首都高カード

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
サラリーマン

画像一覧